2017年07月16日

エルキュール・ポアロと休日

暑いので出かけるのはやめて、取りためてあったミステリードラマ、ポワロシリーズを見て過ごすことにしました。
アガサ・クリスティーは大好きでほとんどの作品を読んだと思いますが、ずっと前なので筋も犯人も忘れているので、ドラマは楽しめます。古き英国の館や景色も素敵です。

ちなみに、ミスマープルのシリーズに登場するカップはウェッジウッドでなく、ピンクや金を使った華やかな模様で、ロイヤル・アルバートかも?

ドラマの中でポワロが使っているウェッジウッドのカップ、素敵だなあと思って、ネットで調べたら、もう廃番に。
中古が売りに出されているのを見て、さっそく注文したのが届きました。
コロネードブラックというシリーズです。

コーヒーとゼリーとリーフパイでくつろぎの時間です。


cup.jpg
posted by 瓔子 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

すみだ北斎美術館

もう一週間が過ぎましたが(あっという間の一週間!)
すみだ北斎美術館に初めて行ってきました。

富嶽三十六景をすべて展示する企画展、展示替えがあるので一度に全部は見られませんが、見たいと思っていた『神奈川沖浪裏』の展示が九日までというので、先週急い見てきました。

図版などで見るのと大違いなのにまずびっくりしました。
オーラがあるというか、なんというか、やっぱり実物を見て良かったと思いました。

hokusai.jpg

ドビュッシーがこの絵を見て、影響を受け、「海」を作曲したとのこと・・・なるほど!

構図は面白いし、北斎ブルーは美しいし・・・

ほかに
丸い桶の中に富士山が描かれている「尾州不二見原」
強い風に懐紙が舞い、飛ばされそうになっている笠を押さえながら行く旅人たちの描かれた「駿州江尻」
大井川の荒波を渡っている「東海道金谷の不二」
「甲州石班沢」も素晴らしいと思いました。

美術館の建物のデザインも斬新でした。

sumida.jpg



posted by 瓔子 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

2017年上半期に読んだ本

今年1月から6月までに読んだ本は、およそ30冊。
ナンバー3は

朝井まかて『恋歌』
近藤史恵『サクリファイス』
原田マハ『本日はお日柄もよく』

『恋歌』は樋口一葉の和歌の師だった中島歌子の生涯を描いた力作。
幕末の水戸藩のすさまじい権力争いと尊王攘夷の動乱の中、巻き込まれていく女性や子供。
薩摩や長州の幕末の英雄にスポットライトあてることが多いなか、水戸藩でこんなことがあったとは!と驚きながら読みました。

『サクリファイス』は自転車レースの面白さに引き込まれて読みました。

『本日はお日柄もよく』は結婚式のスピーチにはじまり、選挙演説のスピーチに話が進んでいきます。

はからずもみな女性作家のものばかり。

でも今年後半は男性作家のものにはまりそうな気配です・・・



posted by 瓔子 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

反田恭平さん ピアノリサイタル

反田錠平さんのピアノリサイタル全国縦断ツアーの第一日目、ミューザ川崎に行ってきました。

シューマンのウィーンの謝肉祭の堂ケOp26は、大変迫力のある演奏、ドビュッシーの月の光は美しい音色にうっとり。
喜びの島、のだめカンタービレでものだめがコンクールで演奏する「うれいしくってルンルン」のはずの曲ですね。

ショパンも技巧が華麗にして繊細。

素敵な夜でした。

発売とほぼ同時に購入したCDも良いです。
月の光もですが、シューベルトの即興曲が素敵です。
ツアーのプログラムは2種類用意されているようでシューベルトの回も聞いてみたいですが、チケットはすべて完売です。
若いころに習った記憶のある即興曲4番。途中で右腕の筋肉がパンパンに張って最後までたどり着くのがしんどかった覚えがあります。
反田さん、細かく揃った指の動き、しかも力強くて、あれだけ沢山の演奏、体力的にもすごいな!と変な関心してしまいました。
posted by 瓔子 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

クレマチスの実

クレマチスの実がこんなになっていました。

kure.jpg

この間まで、下の写真のようでしたが、今日ふと見て驚きました・・
気が付かなかったけれど、蟻が一匹・・・

kure-mi1.jpg


毎年咲いていますが、今までこんな風になったことはなかったと思います。
今年は咲いても切らずにそのまま放っておいたからでしょうか?
この後はどうなるのか、見守ってみます。


posted by 瓔子 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | 更新情報をチェックする