2017年05月22日

6輪の満開ピエール

ピエール・ド・ロンサールが6輪、開ききったので切って飾りました。
どの咲き加減もそれぞれに美しいと思います。
まったく違った表情なのが薔薇の楽しさのひとつでしょうか。


pier3.jpg


posted by 瓔子 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

京成バラ園吟行

一度行ってみたいと思っていた京成バラ園、吟行会で行ってきました。
バラ園は広くて種類も数も多くて、本当に素敵なバラ園でした。
家からは2時間半くらいかかりましたが、出かけてみて良かったと思います。

keisei1.jpg

アーチ、オベリスク、フェンスにと仕立て方もいろいろで、見事です。


keisei6.jpg

keisei5.jpg

ピエール・ド・ロンサールのブラン(白)
白いピエール君があるとは知りませんでした。

keisei4.jpg

ベルばらのバルコニーには、オスカル、マリーアントワネット、フェルゼンといった名のバラが揃っていました。

keisei2.jpg

赤いバラは、マリーアントワネット。ちなみにオスカルは白、フェルゼンは紫でした。

 ふさはしき名を得て薔薇の咲き誇る  y

暑くなると左奥の林に入り、ベンチでゆったりとくつろぐことができました。
鶯が鳴き、木漏れ日がゆれ、涼しい風も吹いて、緑に囲まれるこの場所も気に入りました。

 奥園へ誘ふ薔薇の門いくつ   y

posted by 瓔子 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 吟行 | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

バラの季節

我が家のバラが次々に咲いています。

今年はグラミスキャッスルがよく咲いてくれました。
去年の9月、雨が続いたときにカイガラムシにやられてしまって、茎にびっしりと白いものが・・・
これはもうダメかなと思ったのですが、強い目に剪定をして、真っ白になった茎は大方切ってしまいました。
そうしたら、春になって新しいシュートが伸びてきて、立派に花を咲かせました。
房咲きで、豪華です。

gramiu2.jpg

ピエール・ド・ロンサールも去年より花数が少し多いようです。

pier.jpg

早めに摘んだほうが株のためには良いとのことですので、飾って楽しんでします。
短いもの、もう開ききったものは、水盤に浮かせるようにしてみました。

roseb.jpg

ピンクの大きなのは、ブライダルピンク、アプリコット色はエブリン、白はアイスバーグです。

posted by 瓔子 at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

旧古河庭園

句会の前に旧古河庭園を吟行しました。
バラの時期、しかも連休ということで、普段の何倍もの人でした。
下の写真、ほとんど人が入らなかったのは奇跡的?

hurukawa1.jpg

バラはまだまだこれからという感じですが、洋館と薔薇の景色はやっぱり素敵です。

hurukawa2.jpg

hurukawa3.jpg

  もう一句もう一句とて薔薇に建佇つ  y

こんな句ができましたが、肝心の薔薇の句はいまいち。もう一句どころではなかったのです・・・実は。

posted by 瓔子 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 吟行 | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

ミュシャ展

新国立美術館で開催中のミュシャ展を見てきました。
混雑しているだろうと予想して、10時に着くように出かけるつもりが30分ほど遅れてしまいました。

DSC_0885.JPG

すでに長い列ができていて、最後尾40分待ち。

スラブ叙事詩は圧巻の大作。その大画面の迫力に驚きました。
スラブ民族の歴史を表したもので、20点すべて揃っています。
展示室は広いし、絵も大きいので混雑もそれほど気にならず、ゆっくり見て回りました。
昔、フスの乱とか歴史で習ったかも?という程度の知識で絵の内容を理解するところまで行きませんが。
私の中のミュシャのイメージを変える作品でした。
一部屋だけ写真を撮ることが認められていたので、スマホで数枚撮影。

DSC_0878.JPG

サラベルナールのポスターなど、アールヌーボーの作品もあり、満喫しました。

いつも展覧会では、記念にポストカードなど買うのですが、あまりの混雑にあきらめました。
さすが大型連休ですね・・・

DSC_0884.JPG

別の展示室では草間彌生展も開催されていて、ケヤキの木々もおしゃれに装っていました。


posted by 瓔子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | 更新情報をチェックする